Not doing but being

主に緩和ケア、認知症、訪問診療、介護、看取り分野の話題です

がん医療の狭間

東邦大学医療センター大森病院緩和ケアセンターの大津秀一
先生のブログから。

ameblo.jp

抗がん剤治療の継続が困難になると、これまでの担当医の
外来に通院出来なくなる事がしばしばあります。がんの
治療医は多くの治療中の患者さんを担当しており、その後
の緩和医療に時間を割けない、というのが一番の理由です。
ある程度仕方のないことだと思いますが、この事実は事前
に知らされていない事も多く、患者さんは「見捨てられた」
と感じ途方に暮れてしまいます。

一方、この時に緩和ケアの紹介がルーティンに行われることも
多いのですが、緩和ケアの外来は『緩和ケア病棟への登録』を
することが目的で、登録した患者さんを外来で定期的に診て
色々な相談にのってくれる事は少ない
です。これは緩和ケア
病棟を持つ病院もまた物理的な制約があり全ての登録患者さん
を引き受けるということは難しいのです。

また、中には抗がん剤治療を断り、主治医との関係が悪く
なり通院が出来なくなってしまう患者さんもいます。
『免疫療法』を謳うクリニックの門を叩く患者さんも
いらっしゃいますが、一部の例外を除き本当に悪くなって
しまった時に、これらのクリニックが緩和まで親身に治療を引き
受けてくれる事は稀有
で、多くの患者さんは直前で匙を
投げられてしまう事が多いです。

抗がん剤治療の継続が難しくなった患者さん、あるいは
このような標準治療を拒否した患者さんのホスピスまでの
緩和ケアを引き受ける医療機関がないことは以前より問題視
されて来ました。以下は2012年に私が書いたブログの記事
ですが、この問題は現在でも改善されることなくそのままに
なっています。

blog.goo.ne.jp

blog.goo.ne.jp

今の状況では、この狭間の医療は『訪問診療』がベストだと
思っています。訪問診療医には緩和ケアの知識に長けた
医師が割合に多くおり、また患者さん一人当たりに時間
をかけることが可能です。例えば大津先生のブログにある
ような、咳・痰・睡眠障害・せん妄・食欲不振等の症状
でいちいち病院を受診し診察を待つことが負担になる事も
多いと思いますし、夜間や休日に体調を崩した時に相談
出来る場所があるのは大きな助けになるはずです。
緩和ケア病棟との連携があれば、尚更心強いと思います。
是非ケアマネージャーに訪問診療の相談をして頂きたいと
思います。