Not doing but being

東京都大田区で開業している訪問診療医のブログ。主に緩和ケア、認知症、訪問診療、介護、看取り分野の話題です

『男の孤独死』

本日は、長尾和宏先生の著書の紹介です。
お断りしておくと新刊ではありません。2017年のちょうど
今頃に出版されたものです。買っておいてすっかり読む
のを忘れておりました。 

男の孤独死

男の孤独死

  • 作者:長尾 和宏
  • 発売日: 2017/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

『孤独のグルメ』という人気番組があります。
輸入雑貨商を営む井之頭五郎というオジサンがひたすら
美味しそうに料理を食べるだけの番組です。
タイトルは「孤独の~」となっていますが、皆さんは
五郎さんを不幸そうだと思うでしょうか?
「孤独死」という言葉はとてもネガティブなイメージを
含みますが、それが幸せか不幸かと他人がどうこう言う
ことではないように思います。
長尾先生も、孤独死=不幸としてこの本を書いている
わけではありません。ただ、一人でいることを本人が
選んだのかどうか、身体的な強い苦痛があったのか。
またどうしても警察の介入や後始末の問題など
家族や賃貸業の大屋さん等に迷惑を掛けてしまうかどうか

等は気にする人も多いのではないでしょうか。

本著は、孤独死にまつわる様々なデータを挙げ、独居男性
の数が少ないのに対して孤独死の7割は男性ということから
その考察やどうしたら避けられるか等のアイディアが
書かれています。全体的に入門書として易しく、楽しく
読めるようにという意図が感じられますが、逆に雑学の
本のようになっていて、私達のような専門職が読むと
ちょっと内容が薄い感じもします。
また、知り合いを多く持つことは確かに孤独死を減らす
ことは出来るかもしれませんが、「死にそう」な段階で
発見された場合、知人の多くは病院に搬送しざるを
得ず、そこで苦しさだけ取り除いてもらえれば良いですが
延命治療を受けることになるリスクもあります。

何が良いかはそれ程簡単に言えることではないでしょう。

しかし、だからこそ「孤独死」を他人事として考えず、
このような本を読むことで考える切っ掛けを作ることは
良いことなのではないかと思います。
孤独死を考えたこともないまま突然死を迎えることと、
考えてある程度備えているのでは違うと思います。
この本でも触れられていますが、50~60代の孤独死も
かなり多いです
。積極的に機会を作らないと、死について
考える歳でもないでしょう。
そして、こうした死に方のスタイルを一方的に悲しい、
寂しい等と決めつけず、自宅で一人で最期を迎えること
を望む人達のために手段を分かりやすく案内したり、
法律を整備したるする必要もあるのではないでしょうか。

日本は異様に身体拘束が多い?

先日、石川県の男性が身体拘束中に肺塞栓を起こし、その後
死亡した件の判決が名古屋高裁でありました。
この件について私は詳しく知りませんのでコメントが難しい
のですが、亡くなった患者さんは拘束に至る前に看護師への
暴力行為があり、「人を割けば」拘束をせずとも必要な治療
が出来たとする判断には、どこにその「人」がいるのかという
疑問を感じずにはいられません

さて、以下は12月17日の朝日アピタルの記事から。

精神科病院の身体拘束、諸外国の数百倍 「異様に多い」:朝日新聞デジタル

記事によると

研究は日本、米国、オーストラリア、ニュージーランドの研究者が、
それぞれの国で公開されている2017年のデータを使って、4カ国の
精神科病院での1日あたりの身体拘束の実施率を計算、比較した。

とのこと。日本は1日、100万人当たり98.8人に身体拘束が行われ、
オーストラリアは人口100万人あたり0.17人、米国は0.37人、
ニュージーランドは15~64歳の人口100万人あたりで0.03人
であったとのこと。最後のニュージーランドは年齢を区切って
いますが、日本でだいたい同じ年齢層に区切っても62.3人になるとの
こと。なるほど、確かにすごい差です。

しかし、何故このような差が生じるのか。肝心な部分が有料記事
になっているのかと読んでみましたが、記事の続きはわずかで、
なんの考察もなく、正直がっかりでした。

本当に、日本では海外と比べ身体拘束が100倍、あるいは1000倍
も多いのでしょうか?もし、そうだとすると確かに異様です。
しかし、記事が薄過ぎます。

まず、何をもって「拘束」としているのか。4点柵なのか、
専用のベルトで四肢を固定することを指すのか。ミトンだけでも
身体拘束なのか。部屋に鍵をかけたら拘束なのか。
次に、入院期間中のどの程度の長さ、拘束を行った場合に「拘束」
とカウントしているのか。精神科救急では、入院当日だけでも拘束
が必要なことは多いと思います。

認知症患者が精神科病院に入院している日本の状況は特異なため、
認知症病棟での拘束は除外したという。

ここも、よく分からない。精神科病院で認知症病棟にいない
認知症の患者さんはカウントされているのでしょうか。認知症
の患者さんは、せん妄や徘徊などが多く、話がだいぶ変わって
きます
。認知症病棟は除外した、というような曖昧なものではなく
認知症患者さん全てを除外しないと比較出来ないように思います。

そして、やはり一番は患者さんとスタッフの人数です。米国では
看護師さん一人に患者さん一人程度の病院もあるそうです。病棟
の看護師の男女比はどうなっているのでしょうか。男性が複数いれば、
暴れる患者さんを抑えることは比較的やりやすいと思います。
何より、拘束が必要な医療行為をしているか、も大きいです。
例えば酸素やモニタ、経鼻栄養、膀胱留置カテーテルなどは
拘束がほぼ必須になるでしょう。こうした条件を明らかに
しないと、比較する意味がそもそもありません。

この記事を書いた方が本当に身体拘束が多いことを真剣に
減らしたいと考えているのであれば、単に数字を比べ
「もっと減らすべき」的な安易な終わり方をするのでなく、
現地に足を運んで状況を見て何が問題か調べて欲しい。
そうでないと、現場で苦労している医師や看護師さんが
まるで怠けているみたいです。

今回の新型コロナ騒動でも同じことが言えますが、
現場が「人が足りない」と言っているのに何故部外者が
机の上で「データ」を比べるだけで結論を出してしまうのか、
私には本当に疑問です。

『がんになった緩和ケア医が語る「残り2年」の生き方、考え方』

この秋に出版された、緩和ケア医 関本 剛先生の著書です。
タイトル通り、肺がん脳転移、治癒は見込めず、
生存期間の中央値は2年と。
少し前に購入してしましたが、同じ世代の緩和ケア医、
開業医であり訪問診療も行っている先生ということもあり
なかなか本を開くのにエネルギーが必要でした。

本を開いてみると、考えていたよりも共通点が多く、
もちろん私などよりずっと優秀な先生なのですが、
医師になった歳も一年違い、がんを学びたく消化器内科
に入局したこと、クリスチャンであること、」
また開業も私と2年違いでした。
緩和ケア医を目指すきっかけが映画『病院で死ぬという
こと』であったと言いますが、私は映画こそ観ていない
ものの、この映画のもとになった書籍が切っ掛けでした。

咳が続き、撮ったCTに大きな腫瘍が映り、被検者名を
見直した、という記述、その後の家族との会話などが
とてもリアルに想像出来て、まるで自分の将来を体験
しているような、夢を見ているような気持ちでした。

ただ、そこから関本先生は立派でした。1000人を
看取った緩和ケア医として、患者さんに語って来た
こと、行って来たことを、自分に実行していかなければ
いけないと言います。決して虚勢ではなく、無理をする
ではなく冷静に病に向き合おうとされる姿勢には心を
動かされます。

そして、ACP、治療や告知、宗教、周囲の人との関わり、
代替治療、緩和ケアなどについて医師兼患者という特別
な立場からなされる語りは皆さんにもきっと届くものが
あると思います。

印象に残ったことは、余命2年の告知を受けた関本先生が
それでも好きなことだけをして生きようとはせず、
今までと同じようにクリニックに出勤し患者さんを診る、
という生き方を選ばれたこと。それはもちろん、経済的
な理由もありましたが、それだけが理由ではなかっと
思います。それは、私にもとても良く分かりました。
これまでと同じように仕事をしながら、家族と語り、
笑う時間が持てたら…と少なくとも今の私なら思うでしょう。
それは、幸運なことに誇りを持ち、やりたいと思える仕事
を持てたから考えられることなのかもしれませんし、
そこに自分の存在する意味を見出そうとしているのかも
しれません。

手元に置き、何度も読み返したい本です。