読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Not doing but being

主に緩和ケア、認知症、訪問診療、介護、看取り分野の話題です

医療と祈り

宗教と医療は一見、相容れないものという印象が
あります。医療は科学であり、根拠・裏付けが
はっきりしいているのに対して、宗教の本質は
究極的には「信じる」ことであって、根拠が明確
なものを信用することは「信仰」とは言いません

また、「エホバの証人」の輸血拒否事件のように、
しばしば宗教が医療行為否定の根拠になっている
例がマスコミ等で取り上げられ、医療と相反する
存在、という漠然としたイメージが出来てしまった
のかもしれません。

医師が布教を始めたら大問題ではありますが、
私は「祈る医師」の存在はあって良いと思いますし、
むしろ好ましいとさえ思います。恐らく祈る医師は
自分や医療(医学)の限界を自覚しており、謙虚さを
持ち、感謝が出来る医師
だと思うからです。
「自分が患者を治した」という気持ちは医師を傲慢
にします。それが言えるなら逆に、力及ばすに患者
さんが亡くなった時は「私が殺した」と言わなければ
ならないはずです。

人間が生きものの生き死にを自由にしようなんて
おこがましいとは思わんかね

これは御存知ブラックジャックの師、本間丈太郎先生
の台詞です。医師は患者の治癒・改善の手助けが出来る
に過ぎず、そこから先はまさに「サムシンググレート」
の領域なのです。医師自身が、本当は無力な自分に
気付かずに、無力な患者さんの気持ちなど分からない
のではないか
、と私は思っています。

また、祈りがもし患者さんに向けられているのであれば
それは尚更美しく尊いものではないかと思います。
他人に向けられた祈りは利己的なものがなくとても優しい
ものだと思います。

さて、本を紹介させて頂きます。

祈る医師 祈らない医師―ホリスティック医療の明日へ (手のひらの宇宙BOOKs)

祈る医師 祈らない医師―ホリスティック医療の明日へ (手のひらの宇宙BOOKs)

ホリスティックの普及に尽力されている要先生の
書かれた本です。先生は長い間甲状腺を手術する
外科医として仕事をされており、医療を否定する
本ではありません。要先生によればホリスティック
の目指すところはNBMとEBMの双方の長所を生かそう

ということであり、今の医学に希薄な、患者さん
を一人の人間として捉え、対話を重視した姿勢は
頷けるものがあります。「患者さんが幸せになれば
それで良し」という考えも(極論でなければ)悪く
ないと思います。

個人的には、「祈り」の効果を科学的に証明した?
研究について、興味がありもう少し詳しく知りた
かったです。もちろん、祈りは「叶うからする」
のが本質ではないと思いますが、どんな方法で
何に有意差があって効果ありと判断したのかは
知りたいと思いました。

本著は一般向けに、ホリスティックを知らない方
向けに書かれた本で、読みやすいと思います。
ただ、要先生も慎重に、控えめに?書かれている
とは言え、「波動」や「パワースポット」等も
登場するので個人的には素直に読めないところも
ありましたが。

ホリスティックを推進するかは別として私は一人の
医療者として科学的根拠に基づき治療を選択する
ことが医療の全てではないと思っています。もし
医療がそれだけの存在であれば、すぐに「人工知能」
にとって変わられて行くでしょう。エビデンスの
上に、患者さんに希望を与え、「個」を尊重し、
幸せを願うものであって欲しいと心から思っています。

終末期のリハビリテーション

最近愛読している、終末期・緩和ケア専門のリハビリを
行う理学療法士・藤田さんのブログの記事です。

kanwakea-fujita.hatenablog.com

毎回興味深いテーマをするどい視点で書いておられる
のですが、読者登録が少なくもっと多くの方に読んで
頂ければ良いのに、といつも思っています。

この日の記事は、終末期のリハビリは
「優先順位が低いのか?」という内容です。

まず、終末期においてリハビリが大切である理由を
過去のブログで触れたことがあります。

blog.goo.ne.jp

患者さんの自立支援・拘縮や褥瘡の予防など、
終末期のリハビリの意義は一般に思われているよりも
大きいのです。

今回のテーマは、「終末期リハは優先順位が低いのか」
ということです。確かに限られた医療者のマンパワー、
医療資源から無限にサービスを提供出来る訳がありません
ので、私達も優先順位を意識しざるを得ません。
すると恐らく、緩和ケア側からすれば「症状の緩和」が
最優先事項となりますし、リハビリ側からすれば成果が
出やすく、社会復帰に繋がる、脳卒中や
骨折等のリハビリが優先、効率が悪く
成果がはっきりしない終末期リハは後回しというのも、
「その逆」よりは仕方ないかな、と考えがちです。

しかし、この「優先順位」、仕方ないこととは言えあくまで
医療者側が考えている優先順位である事は意識すべきです。

実は、ホスピスにおいてリハビリを希望される患者さんは
意外と少ないです(どちらかと言うと御家族が多い気がします)。
体力の低下に伴い気力も落ち、リハビリで「頑張る」よりも
ウトウトしている方が楽なのかもしれません。

しかし、中には痛かろうが辛かろうがリハビリを強く希望
される方がいらっしゃいます。そのような患者さんにとっては
症状の緩和よりもリハビリの方が「優先度が高い」場合があるのです

「緩和ケア」と言うと症状を軽くする、取り除くことばかり
強調されますが、「palliative care」という言葉は「寒さに
ふるえる人に外套を着せる」という意味で、単なる症状の
軽減よりも広い概念で、尊厳や誇りを支えることも含まれて
いると私は考えています。一部の患者さんにとっての
「自分の足で歩きたい」「下の世話だけは受けたくない」
といった大切な願いを医療者の都合で一律にシャットアウト
することは非常に残念なことだと思います

「誤診だらけの認知症」

誤診だらけの認知症

誤診だらけの認知症

御自身の親族が誤診から体調を崩された事が
切っ掛けで認知症診療に携わるようになった
座間清先生が、現在の認知症において誤診がいかに
多いか、そして誤診のパターン分析や内服を
止めただけで改善に至ったケース等を紹介
されています

実は座間先生はコウノメソッドの『実践医』
だったのですが、河野先生に失望され、実践医を
辞めておられます。これは座間先生のブログに
詳しいのでここでは割愛しますが、そもそも根拠に
基付き理論的に話をされる座間先生と、「思い付き」
「思い込み」の多い河野先生では水と油のように
思います。

ブログは座間先生からの一方的な内容なのですが
大方間違いはないのでは、と個人的には思って
います。ただ、座間先生の書き方も品がないと言うか、
しつこいと言うか、ここだけはちょっと見るに堪えません。

話が逸れましたが、座間先生の熱意と知識が溢れた
とても良い本です。エビデンスも豊富に紹介しつつ
慎重に書かれた本であり、非常に内容が濃いです。
いかに誤診が多く誤投与によって患者さんが苦しんで
おられる現実があるのか。一度は読んだ方が良い
内容になっていると思います。

110ページ辺りから先の解剖・生理的な内容について
はかなり難易度が高く、私でも十分に知らないこと、
一度読んだだけでは理解しきれない事がありました。
最初は第3章を飛ばして読んでも良いと思います。
(ただ、第3章こそが他の書籍と大きく異なる、
本著の特色だとも思います!)。

ところで、ドネペジルがアルツハイマー型認知症の
進行を抑制すると思っておられる方はまだいらっしゃい
ますか
?ドネペジルはアセチルコリンの働きを強める
だけで、脳の萎縮を抑える訳ではありません。
流石に医師でそのように考えている先生はもう少ない
とは思いますが、一般の方では誤解されている方が
まだまだいらっしゃると思います。「そうなの?」と
いう方は是非座間先生の本を読んでみて下さい。

話は変わりますが、座間先生が指摘するように、
確かに「良かれ」と思って認知症診療に参加する
開業医・内科医の誤診・誤投与が問題になって
いるのは事実だと思います。治療に長けた専門医
が対応出来ればベストなのは言うまでもありません。

ただ、500万人近い認知症の患者さんを専門医だけで
診れるのか、認知症の専門医は多くの患者さんが
同時に抱える内科的疾患をきちんと診れるのか、という
考えもあります。プライマリは診るべきではない
というのは現実的ではありません。

現実的にプライマリが追いつかないのであれば、家族
こそが知識武装し患者さんを守らなければいけない、という
考えは賛成です。しかし、多くの患者さんに対応するには
プライマリ医のレベルを上げるという方向でも考えざるを
得ない
はずです。ただレベルが低い等と言うだけ
でなく建設的なご意見も欲しかったです。

少なくとも河野先生は、御自分の経験を分かりやすく
体系付けて多くの非専門医に情報を発信している点では
尊敬に値すると私は思っています。実際に河野先生の
やり方で改善した患者さんもいるので、私は先生からの
情報をとても有難く思っています。