Not doing but being

主に緩和ケア、認知症、訪問診療、介護、看取り分野の話題です

『食べてうつぬけ』

前回お話したように、特に閉経前の女性のうつ、パニック、
また成人のADHDと診断されるような方には栄養療法は
かなり効果的な治療のひとつです。本日ご紹介する本は
このこころに効く栄養学のエッセンスが詰まった本に
なります。漫画やイラストが多いのはとても良いと思い
ます。うつ等で苦しむ方は文字をたくさん読むのは苦痛
だと思うからです。

マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ

マンガでわかる ココロの不調回復 食べてうつぬけ

もちろん私も栄養学で全てが良くなるとは思っていません
環境や出来事が影響している場合も多いでしょう。
また、ここで勧められる栄養療法の実践がどうしても
難しい人もいるでしょう。
しかし、余程高価なサプリメントに手を出さない限りは
失うものは少ないと思いますので、試す価値は大です。

特に若い女性に不足しがちな鉄はかなりページを割いて
います。月経、出産、ダイエット等で身体の中の鉄の
貯蔵量が危機的状況になっている女性は多いと思います。
本の中の、鉄不足に現れる症状として爪の変化がとても
重要だそうです。爪を切る時に「パチン」と気持ち良い
音がしないことは鉄不足のサイン
といいます。
また、固いものをがりがり食べたくなるというのも
興味深いと思いました(鉄不足の方は氷を食べたくなる
というのは昔から有名です)。

f:id:baumkuchen2017:20171113085108j:plain

図は、蛋白質からセロトニンやアドレナリンが合成される
経路を示したものです。セロトニン不足はうつの原因として
重要なものの一つであることは御存知だと思います。

図を細かく見ると多くの反応に鉄やビタミンが必要である
ことが分かると思います。セロトニンは心のやすらぎに、
アドレナリンはやる気に関係します。またセロトニンが不足
すると夜間の安眠に必要なメラトニンが不足することも一目
瞭然です。最近の研究で、鉄不足は貧血を起こす前に、
これらの反応やエネルギーを生み出す働きが落ちる
ことが
分かって来ています。採血では『フェリチン』を測定
しないと真の不足は分からない
ことが多いです。詳しくは
本著に譲ります。

鉄以外にも、蛋白質の大切さ、ビタミン群の大切さ、
ミネラルの大切さ、過剰な糖質を減らすことが重要である
ということが書かれています。糖質はエネルギーを
生み出す時に鉄やビタミンをたくさん消費するそうです。

同じジャンルの本としては、以前このブログで紹介した
藤川先生のこの本も面白いです。

うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった (光文社新書)

うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった (光文社新書)

藤川先生のクリニックでは、1000人のうつ・パニックの女性
のうち、なんと50%が一年以内に薬が不要になっている
、と
書かれています。最後になりますが、独断で現在内服中の
薬を止めるのは少し待って下さい。SSRIやBZ系の薬剤を急に
止めると体調を崩す方が多いです。また、栄養療法はかなり
コツがありますので、必ずこれらの本によく目を通し、
最低限の知識を身に着けてから実践されることを強くお勧め
します
。出来れば栄養療法に詳しい先生の指導のもとで
始めるのが良いですが、少ないうえに自費診療でかなり料金
が高いのがネックです。

分子栄養学はオカルトか

以前もお書きしたように、自分自身に糖質制限を試し効果が
あったので関連書籍やネットでの情報収集をするようになる
と、あちこちで『分子栄養学』に出会うようになりました。
分子栄養学は『分子生物学』を土台とした栄養学で、その
土台の部分で糖質制限を重要視している場合が多いからです。

現在の分子栄養学はもともと海外ではライナス=ポーリングや
エイブラム=ホッファーら、国内では三石巌などに端を発し
ます。彼らの考え方は現在あまり不足するとは考えられて
いない、むしろ過剰が心配されている栄養を、必須アミノ酸、
必須脂肪酸、各種ビタミン、ミネラルと詳しく見ていった時、
実は不足する栄養素があり、健康に悪影響が出ていること、
それを補うことで疾患の治療が出来るのではないか、という
考え方です。もちろんその後色々な先生方の考え方が取り入れ
られ、また考えの相違が生まれ、少々混沌とした感じになって
いるのが現状ではないかと思います。

自分自身分子栄養学(もしくは分子整合栄養医学)に興味を
持ち、数か月学んで来ましたが、とても興味深いと思うと
同時に、いくつかの問題も感じました。

まず、確かに生理学的に解明された事実を基に、一貫性のある
説得力のある考えではあるのですが、一部を除き非常にエビデンス
が乏しいということです。つまり、一部のエキスパートオピニオン
の発言力が強く、また批判的な検証を殆ど受けていません。
生まれたばかりの学問であればこれは仕方ないことですが
やはり効果のない人達がどれくらいいて、
何故効果がなかったのかという考察がなされるようにならないと
恐らく大部分の医師にはあまり響かないのではないかと思います。
仮説と証明された事実がごっちゃになっているのも気になります。

また、ポーリングのビタミンC治療がメイヨークリニックの
研究等で否定され続けた歴史から、どうも分子栄養学の提唱者、
実践者には医療否定が根強く(もちろん全員ではありません)、
同じく医療否定繋がりで近〇誠や反ワクチン、脂質栄養学会
等と親和性が高い傾向にあります。共通点は、人類が築き上げて
来たエビデンスの全否定、ねつ造と陰謀!という論理です。

少し強い言葉を使いましたが、私は分子栄養学を否定する立場
ではなく、むしろ今後の可能性を強く感じています。例えば
分子栄養学が得意な分野、女性の神経症・うつ・パニックや
一部のアレルギー等は十分試みる価値があると思っていますし、
少なくとも現代医療で解決出来ない多くの問題のうち、栄養面
を見直すことで体調が改善するなら、それは素晴らしいことだと
思います。

危険だなぁと思うのは、

分子栄養学→全て○
現代医療→全て×

といった極端な構図です。これも個人の理解であれば何も問題
ありませんが、一歩間違うと多くの患者さんの健康を損ね得る
問題になるかもしれません。

私達が学んでいる現代医療は、もちろん非力で不完全ですが
多くの仮説を検証し、多くの人々の批判・再検証を受けながら
確立して来た学問であることは間違いありません。また、今ある
分子栄養学も恐らくはそのようなプロセスを経て間違いの訂正や
より良い理論へと発展して行くのだと思います。

最後に、栄養学を「情報弱者がハマる疑似科学」というような
書き方をする医療者は逆の極論者であり、私は強い不快感を
覚えます。第一、内容以前にこういう言い方をするから医療
不信が強まるのです。一言で分子栄養学と言っても色々で、
全てを十把一絡げに否定することも無理があると思います。
きっと、恩恵を被る人がいる。しかし、エビデンスが乏しい
ので間違いもきっとある。冷静に、慎重に。これが私の新しい
栄養学に対するスタンスです。

痛み治療の先にあるもの

永寿総合病院で病棟・在宅の緩和ケア治療で活躍されている
廣橋猛先生の書かれた記事を御紹介します。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/hirohashi/201711/553443.html

(前略)
切除不能な胃癌を患い、現在は化学療法中です。食べると胃が痛く
なるので、十分に食事が摂れません。この患者の痛みを取るべき
理由が分かりますでしょうか? 

そう、痛みを取るだけでは、この患者の満足は得られません。
痛みが取れて体が楽になり、結果的に食事が十分摂れるように
なることがゴールなのです。食事が摂れないということは
つらいことです。十分に摂れないと衰弱して、死が近付く不安
を抱くかもしれません。

私達、緩和ケアに携わる人間にとっては当たり前のことなのですが
緩和ケアのゴールは症状を和らげることではありません。痛みに
対して痛み止めを使うのが緩和ケア、という理解がまだまだ多い
のですが、実はその「背景にあるもの」が重要なのです。
もちろん痛みや苦痛を和らげることも同じく重要です。
痛みをバイタルサインの一つと考え、数字で評価することも良い
でしょう。しかし、それは手段であり目的ではありません。
苦痛の緩和は患者さんが自分らしく生きていくための手助けの
一つなのです。むしろその後に緩和ケア医・チームの真価が
問われることになるのだと思います。

皮肉なことに、痛みや苦痛が軽減してくると患者さんは余計に
『死と向き合う』ことを余儀なくさせられてしまうことが
あります。また今までそれどころではなかった経済的な問題が
悩みとして出てくるかもしれません。もちろん苦痛をとるな、
と言っている訳ではなく、次の問題が出てくる可能性を予測し
支援のためのアセスメントをそこでやめないことが重要だと
思います。

また、背景にあるものが苦痛を増強することもよく経験します。
痛みにだけ焦点をあて、痛み止めを使っていても十分な効果が
なかったことが、あることが切っ掛けで痛み止めの効き方が
全然変わって来るということはめずらしくありません。自宅
では痛みが軽減することはしばしば経験します
が、これは
痛みが精神的な影響を強く受けることの一つの例だと思います。

薬で改善する症状を取り除き、その後に残ったものは、
傷付いた患者さんの『物語』です。そのケアには私達が
慣れている『問題解決型』のアプローチでは役に立たない
ことが多く多くの時間を要します。そのうえうまくいく
とも限らず残念ながら多くの医師が自分の仕事ではないと
考え興味を持ちません。しかし、本当は患者さんにとって
大切なものがこの『物語』の中にたくさんあるのではないか
と思っています。

在宅でも病棟でも緩和ケアチームが成長し多くの身体的苦痛の
軽減に成功したのであれば是非、このエビデンスが通用しない
領域をチームで共有し、関われるようになって頂きたいと
願っています。