Not doing but being

東京都大田区で開業している訪問診療医のブログ。主に緩和ケア、認知症、訪問診療、介護、看取り分野の話題です

医療における「7つの習慣」

皆さんは、「7つの習慣」を御存知ですか?

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

ビジネス書と思われているようですが、人生をより幸福に、
より成功するためのヒントとしても最高です。
最近はティーンエイジャーや児童向けの「7つの習慣」も
売られているようです。オリジナルを読むのが大変、と
いう方は、ティーンズ版もなかなか面白くお勧めです。

7つの習慣ティーンズ【リニューアル版】

7つの習慣ティーンズ【リニューアル版】

  • 作者: ショーン・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2014/05/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

オリジナルを私が初めて読んだのは高校生の時でしたが、
最近電子書籍で買い直しました。いつ読んでもその時に
応じたヒントがあると思います。

人生の色々な場面で役に立つ「7つの習慣」ですが、
実は治療を受ける患者さんにとっても、あるいは家族に
とってもかなり大切な指針になるのではないかと思って
います(もちろん医療・介護者側にも当てはまります)。
例えば、

「第一の習慣・主体的である」

「第二の習慣・終わりを思い描くことから始める」

どうですか?最初のふたつの習慣を並べただけでそれらしい
気がしませんか?特に、「主体的である」ことは7つの習慣
おいて最も大切な習慣だとされています(私もそう思います)が
医療、介護においても間違いなくそうです

「聞いても分からないから、お任せします」ではなく、
家族や専門家の助けを借りても、最終的には自分で判断し、
(生き方において)責任を負うという気持ちがあって初めて
本当の意味で自分の人生を生きているのではないかと思います。

第二の「終わりを思い描く」は短期のゴールでも良いですが
やはり人生の終わりを私なら考えたいと思います。「今」の
病気は治っても、最終的に人は最期を迎えます。その時に、
どうありたいのか。人生の設計図を見直すことで今の生き方
に必ずヒントがあるように思うのです
。延命治療について
大事な人と話し合う、等もこれに含まれるかもしれません。

7つの習慣の後半は、人との信頼関係を築くためのヒントです。
一見関係ないと思われるかもしれませんが、実はありありです。
主治医、看護師、ケアマネ、家族(妻、夫、子供達など)、
医療者側からすれば患者さんと家族、チームのメンバー。
関係が良い方が良いに決まっています。
例えば「お前ら金貰ってんだろう、プロだろう」という態度より、
言うことは言うがきちんと感謝は口にする という患者さんの
方が、皆の力を大きく引き出せると私は思っています。
私は医療チームを組む時はもちろん患者さんが中心ですが、
常に全員のwin-winを考えています。これはずっと心掛けています。
それが最終的に患者さんにとって一番プラスになると思うからです。

もちろん、病状によっては本など読む余裕はないでしょうし、
考えることも難しいでしょう。また環境によっては全てを
考える必要はないかもしれません。ただ、より良く生きる
ために役立つ「習慣」がきっとあると私は思っています。

人生会議

『死ぬときぐらい好きにさせてよ』
これは樹木希林さんの『120の遺言』のサブタイトルです。

(…本の内容の紹介じゃなくて申し訳ありません)

治る病気であれば、自立した生活がもう一度送れるのであれば
『我慢』の意味もあるでしょう。あるいはそれが改善し得る
病状ではなかったとしても、自分で決めた目標のためには
人は辛くても頑張れるものかもしれません。
でも、そうでないなら「好きにさせてよ」というのは自然な
想いではないでしょうか。

回復不能な病状にあって、認知症意識障害などで
ご自分の想いを表現出来ない患者さんは実は多いのです。
その時は代理人、多くは御家族が判断を担いますが、
家族は「どんな姿でも、少しでも長く生きて欲しい」、
「回復の可能性が少しでもあるならあらゆる方法を
試して欲しい」と願うのは、ある意味当然のことです。

しかしその結果、あまり回復の希望がないのに治療が苦痛に
満ちたものとなり、周囲でこれは本当に御本人の想いに沿った
治療なのかと思い悩む場合も少なくありません。
もっと患者さんが「受けたい治療を受け、
受けたくない治療を受けないで済む」
方法はないだろうか。
医療者を中心に悩みながら出したひとつの解答がタイトルの
「人生会議」です。

「人生会議」はアドバンス・ケア・プランニング(ACP)の愛称です。
医療者の中でも誤解している人が多いのですが、ACPは単に「ADNR」
(蘇生困難の場合の治療の差し控え)の確認をとることではありません

Twitter等を見ていると、認知機能が低下したお年寄りを、「人生会議」
等という言葉で騙し、半ば強引に「延命しない」という言葉を引き出し、
救命せずに死なせてしまう
。勝手にそんなイメージを持っている人が
たくさんいるように思います。

www.mhlw.go.jp

上記は、「人生会議」という愛称を考えた須藤さんや、
選定委員の皆さんのコメントが載っています。
愛称をバカにするのも自由ですが、どんな想いで言葉が
生まれたかくらいは知って
からにして頂きたい。
ここを読むと分かるのですが、「人生会議」の本質は
「対話」を続けること。
「何かを決めること」ではありません。

意思表示が出来なくなった患者さんが「今」本当は何を
希望しているか、それは誰にも分かるはずがありません。
しかし、元気な時に患者さんが残した言葉に、その
ヒントがみつかることも、実は少なくないのです。

「助からないなら、家で死にたいが口癖だったよね」
「胃瘻は止めて欲しいと言っていたね」
「孫が生まれるまでは頑張りたいって言ってたな」
そういう話をする機会が増えれば、
考えたり伝えたり、学んだり出来れば
患者さんの想いに沿った治療が少しは
選ばれやすくなるのではないでしょうか。

最後に、今日私がTwitterに書いたツイートを
ここでも掲載させて頂きます。

医療者が胃瘻を行えば過剰な医療、儲け主義と言われ、
差し控えようとすれば弱者の切り捨てと言われる。
なら、どうして欲しいかもっと自分で考えようよ。
気持ちを伝えられるうちにアピールしようよ。

やはり名称を変えた方が良いのかもしれない

やはり名称を変えた方が良いのかもしれない…「緩和ケア」のこと
です。

kotaro-kanwa.hateblo.jp

こちらにも書いたのですが、我が国ではまず「ターミナルケア
という言葉が使われるようになりました。がん終末期の苦痛を
軽減させるケアを指しますが、後に苦痛緩和のためのケアは
何も終末期に限ったことではない、苦痛を感じている患者さん
全てに行われるべきだ、という考えから「緩和ケア」という名称
が使われるようになりました。

「緩和ケア」という言葉には、終末期という意味は全く含まれて
いません。ただ、恐らく非医療者の患者さんや家族はもちろん、
当時の医療者も理解が十分ではなく、「緩和ケアはターミナル
ケアの言い方を変えただけ」という認識があったのではないか
と思います。その後もずっと、一部では混同されて使われており、
確かに終末期の患者さんの方がより緩和ケアを多く必要とするのが
普通ですし、例えば実質「限られた予後と考えられる」患者さんしか
利用出来ない「緩和ケア病棟」という名称も、話をややこしくしている
ように思います。

上記の記事でも書きましたが、緩和ケアは患者さんがより良く
生きるための関わりに過ぎません。身体の症状を和らげること
はもちろんですが制度の利用や病気を治療しながらの仕事・
子育て等の悩みや不安の解消を含めたかなり幅広い関わりを
指します。

大津秀一先生は、「早期緩和ケア大津秀一クリニック」を開業
され、「緩和ケア=終末期」の誤解を正す、緩和ケアって何が
出来るの?等の情報を日々発信しておられます。そして、
がんに限らず、様々な疾患の「つらさ」「困った」に寄り添う
医療を行っています。ちなみに本当に優しく勉強家の先生です。
病気のことで何か悩みがある方は是非一度ご覧下さい。

kanwa.tokyo

ただ、今回身内ががんになり病院に付き添う中で感じたことは、
がんの患者さん、家族は相当神経質になっているということ
です。例えば、「治療に平行して緩和ケアが受けられますよ」
という案内があったとすると、「あれ、先生は私の病気を
早期と言っていたけれど実は違うのかな…」等と言葉のひとつ
ひとつで不安を強くしたり傷ついたりしているのではないか、
ということです。

すると、今たくさんの医療者が修正しているとは言え、一度
終末期のイメージがついてしまった「緩和ケア」という言葉
を、いくら「違いますよ」と言われてもすんなり受け止める
ことが出来ない、頭では理解出来るけれど…と、そういう方
も多いのではないでしょうか。私はセンスがないので良い
名称は思い付きませんが、「お困りなんでも相談室」のような、
全く異なる名称で始めてみることも、案外近道であるかも
しれません。