Not doing but being

主に緩和ケア、認知症、訪問診療、介護、看取り分野の話題です

同居孤独死

Yahooニュースにこんな記事がありました。

headlines.yahoo.co.jp

家族と同居をしているのに孤立状態で異常死を遂げる
ケースがあると記事は述べています。別の記事によると、
このような「同居孤独死」は都内で年間2000件ある
そうです。ちなみに一人暮らしの孤独死が年間3000件
余りだそうです。

もちろん、最初から孤独死させようと同居する家族は
いません。初めは良かれと思い、独居の親と一緒に住む
決心をされたのだと思います。にもかかわらずこのような
事態になってしまうことに、老いた親との同居の難しさ
を痛感します。

最近つくづく思うことは親、特に認知症の親との同居、
介護は本当に大変だということです。家族だからこそ
の衝突が必ずあります。認知症の親の介護をしていた
方であればお分かりのように、何故か老いた親は嫌な
ことばかり覚えており
、時には間違った記憶で子供を
責めます
。我慢が出来ずにすぐ怒ります。味覚が衰えて
いるので一生懸命食事を作っても「まずい」と言います。
ただでさえ大変な介護が、BPSDなどを伴うとやがて
介護者は追い詰められていくことになります。
「これだけ犠牲を払い、同居しているのに!」という
気持ちが出てきても当然ではないかと思います。
すると、同居していても顔を合わせたり親のところを
訪ねる回数は少なくなると想像出来ます。

「同居孤独死」では親子の関係がもっと劣悪になった果てに
起こるものも少なくないようです。紹介した記事でも遺品や
写真をを全て捨てて欲しい、とか葬儀も一切しない、
お金は出すから(葬儀は)勝手にやってくれ、という家族は
少なくないと書かれてありました。親ではなく、介護者である
息子・娘に問題はあることもあるでしょう。しかし、そのような
冷酷な人間が親と同居し介護をしようとするでしょうか

一人暮らしは寂しいだろう…確かにそれはそうです。しかし、
物理的には傍に家族がいても実際には家族との関係が冷え、
より一層孤独になっている人もある
。記事にもあるように、
『老後は家族と一緒が幸せという概念を考えなおす時が
来ている』のかもしれません。「一緒に住めなくて申し訳
ないなぁ」という気持ちで、笑顔で時々会いに来てくれる
くらいが、もしかしたら親は幸せかもしれません。少なくとも
私の老後は、それを望みます。

自分で決めない文化

日本において本人よりも家族の意思が優先される場面が多々あるのは
確かに課題ではある。しかしそれを本人自身が望んでいる場合という
のもまたあり、それが日本人としての特性だろう。

ACPを進めて本人の意思を最優先させる仕組みを整えていくことは重要
だが、欧米の進め方を単純に外挿して同じアプローチをとれば、日本の
家族のみならず本人をも苦しめる可能性があることは考慮すべきだ。

今朝の、西智弘先生のツイートです。いつもながら鋭いご指摘、
本当にその通りだと思います。

高齢者や病気を患い、気力体力が落ちている人は物事を調べ、
冷静に考え、決断することがとても難しいということは、
これまでも臨床の場で良く感じていたことです。ですから
元気なうちに医療の可能性と限界を知り、自分の考えを他人に
伝えておくことが重要
、と私は繰り返し述べて来ました。
しかし、どうもそれだけではない。日本人は自分で決めること自体が
とても苦手なのです。

それは教育も社会も、そして家庭もそうだから、かもしれません。
小さい頃は親や先生に、成人し結婚すれば夫や妻や友人、職場に。
あるいは、メディアに。病院では、医師に。
そこで気付きました。日本人は自分で決めるのは苦手ですが、
他人に決めてもらうことは苦ではなく、他人のことを決めるのは
それ程苦手ではない、ということかもしれません。例外はもちろん
ありますが、多くの日本人はお互いに、相手の大切なことを決め
合って社会を構成して来たのです。
これは、家族が良いと思うなら自分にとっても
それが良い…ということかもしれません。

もちろん、〇〇したい、△△が良いという好みや要求はあります。
しかし、責任が伴う決断は、それが大きくなれば大きくなるほど
苦手である。あるいは、どうしたら良いか分からない。
そこで結論を医療者や家族に任せてしまう。私達が聞き慣れた、
「先生にお任せします」
「妻が言うので治療を受けます」
に繋がります。他人は「しない」という判断はでなかなか出来
ません
から、「治療」がだらだら続くことになってしまいます。
果ては「胃瘻社会」を生み、怪しい代替療法を育て、ホスピス
ACP、鎮静といった考えは浸透しにくい
、そんな風に思います。

医療的な内容を聞くのであれば専門家の医師に尋ね決めてもらうのが
良いと思います。具体的には、手術の方法、抗がん剤や痛み
止めの選択など。しかし、「生き方」まで任せてしまうのは
どうでしょうか。

もちろん他人に任せる自由・権利もありますが、根本的に、あなたと
家族が望むものは別
だということは知っておくべきです。
選択を任せた人生で良いならそれもひとつかも
しれませんが、私にはそれで満足されている
ようには見えないのです。

「ヘルプマン!!」とキラキラ系介護

今回は、前回の続きの予定のつもりでしたが、うまく
まとまらないので、他の内容にさせて頂くことにしました。

ヘルプマン!!

ヘルプマン!!

皆さんは『ヘルプマン!!』という漫画を御存知ですか?
介護士が主人公の漫画で、随分前から有名ですよね。調べて
みると2003年にスタートしているとのことです。実は私は
今回初めて読みました。読んでみて知ったのですが、てっきり
旧版のリメイクだと思っていた本作は、前作からの続きだった
のですね。旧作は『ヘルプマン!』で感嘆符『!』の数が違う
ようです。第一巻は「胃瘻」がテーマでした。

私の本作品に対する感想は、非常に丁寧に取材をされている
なぁ、でした。確かに主人公の百太郎(ももたろう)は熱血
過ぎて、実際の介護経験者からすると「これはねーよ」と
思われてしまう内容だと思います。「ジジババを笑顔にする!」
と突っ走る百太郎。胃瘻の患者さんにトンカツを食べさせようと
するシーンはその象徴でしょうか。

ちょうど今日、「キラキラ系介護」についてのブログを読み、
私は百太郎を思い浮かべてしまいました。

www.kaigosos.com

百太郎は「ナルシスト」ではないようですし、この記事が
そのまま百太郎に当てはまるわけではないかもしれませんが、
介護経験者からすれば現実離れした百太郎の「キラキラ感」が
鼻についてしまうかもしれません。実際はそんなに上手くは
いきませんし、一人の高齢者に一日付きっきりも不可能です。
漫画だから良いですが、カツやころもで窒息してしまったら
百太郎は責任を取れません。

しかし、視点を変えてみましょう。『ヘルプマン!!』は現実の
介護の問題点、矛盾点を上手に描いています。百太郎がいない
ヘルプマン!!』は現実そのものです。胃瘻がなければ施設に
入れない、という記述もリアルですし、認知症の父親の介護で
疲れ果ててしまった娘の言葉が印象的です。セリフを少し引用
させて頂きます。ちなみに娘さんは、自らも癌の治療中という
設定です。

でも…口から食べて…少々元気になったところで……
認知症が治るわけじゃないでしょう……?
むしろ、ハンパに元気になられたら、また問題が増えるだけ
じゃないですか。

わかってるわよ!
どんな無慈悲なことを言っているか……
でも怖いのよお……
いったいいつまで背負えばいいのか……

正論を突き進む百太郎は周囲の人々を傷付けています。まさに
キラキラ系かもしれません。しかし、この本のテーマは「みんなで
百太郎になろう」ではないと思うのです。介護を知らない方に
介護を知ってもらう、興味を持ってもらう。一石を投じる。
問題提起なのではないでしょうか。実際、百太郎が出て来なければ、
話はちょっと悲惨過ぎて救いがありません。百太郎の存在で、
漫画のバランスがとれている、とも考えられると思います。
少しでも介護が明るくなって欲しいという筆者の当然の希望・願望
が百太郎なのだと思えば自然です。

なんだかんだで私は他の巻も読んでみたいと思いました。
そのうちまた、ブログで紹介させて頂くかもしれません。

【追記】食事が誤嚥性肺炎の原因ではない、は言い過ぎです。
むせ込んだエピソードの数時間後に高熱が出るような典型的
誤嚥性肺炎は確かに少なくなりましたが。