Not doing but being

主に緩和ケア、認知症、訪問診療、介護、看取り分野の話題です

分子栄養学、その後

昨年11月のブログで、私の分子栄養学、
『オーソモレキュラー』などと呼ばれる分野について
思うところを書かせて頂きました。
何、それ?という方はお手数ですがこの記事をお読みください。

kotaro-kanwa.hateblo.jp

新しい栄養学に対して期待をすると共に、
やや医療批判・宗教的になりやすい性格を持っている
という自覚を持って学びたいという気持ちを書いています。
この姿勢は今もあまり変わっていないつもりです。

しかし、私は学びや経験の中で確かに月経のある女性や成長期
の子供たちの精神症状、例えばうつやパニック発作発達障害
の「少なくとも一部」には、たんぱく質や鉄・ビタミンB群など
を摂取して頂くことにメリットがあることは、ほぼ疑いは
ありません
。もちろん、私の経験も二重盲検ではないので、
強力なプラシーボが働いたとか、たまたまお子さんの成長などほかの
因子が重なったということもあり得るでしょう。
ただ、月数百円から高くて数千円で、治療と並行して行う
ことの出来る方法ですから、失うものは決して多くはなく
試してみる価値はあると私は思っています。

最近では、高齢者の認知症やBPSDに栄養学的なアプローチが
出来ないか、ということにも興味があります。もちろん栄養学
認知症が治るとまでは思っていません。
ただ、アルツハイマー認知症の発症に高血糖が関与している
ことはほぼ疑う人はいないと思いますし、
ココナッツオイルが症状改善に有効などと盛んに言われています。
成書でもtreatable dementiaの中でビタミン欠乏症が挙げられています。
特定の栄養の欠損・過多が認知機能や周辺症状に関係があるかも
しれない、と考えるのは、それ程荒唐無稽なことでしょうか

それこそ全くエビデンスのない分野ではありますが、鹿児島で
開業をされている、ひらやま脳神経外科の平山先生や、
長久手南クリニックの岩田先生は既に認知症治療に栄養学的な
アプローチを加えておられます。お二人のブログは、

www.ninchi-shou.com

plaza.rakuten.co.jp

奇しくも、お二人ともコウノメソッドの実践医で脳外科
という共通点をお持ちです。

他にも、高齢者の様々な症状に亜鉛欠乏が関与していると
報告している倉澤先生のサイトがあります。

www.ryu-kurasawa.com

というわけで、私も新しい栄養学の学びを続けていきたい
と考えています。